スマートフォン向けサイトに切り替える

診療科・部門紹介

呼吸器内科

呼吸器内科外来のご案内

毎週水曜日午前、金曜午後(受付12時半~17時、診療14~17時半)に呼吸器内科外来を行っています。
受診希望の方は直接外来にお越しください。
担当医師は、廣田(内科 常勤)です。

呼吸器内科とは(対象疾患 次のような症状を診ます)

呼吸器内科とは

肺炎をはじめとした感染症、気管支喘息、COPD、肺癌、間質性肺炎、
SAS(睡眠時無呼吸症候群)など様々な疾患を扱います。
せき、たんや息苦しさなど、皆様にとってとても身近な症状を多く扱う診療科です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

眠っている間に呼吸が止まる病気です。
寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。
寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼし、日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるので、治療が必要です。

自分でできるワンポイントチェック!

鏡の前で、喉を診てもらうように大きく口を開け、舌を下に出してみましょう。 このときに、口蓋垂(のどちんこ)は見えていますか?
口蓋垂が見えていない場合は、上気道が狭い可能性があります。体重増加などで首まわりに脂肪がついたりすると、より上気道を狭くして無呼吸を起こす可能性が高いかもしれません。
一部の特徴だけで、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と判断はできません。気になる方は、呼吸器内科外来にご相談ください。

医師のご紹介

外来担当医表

お問い合わせ先

船橋総合病院 呼吸器内科


PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る