スマートフォン向けサイトに切り替える

診療科・部門紹介

薬剤科

薬剤師として患者さまが安全に薬物治療を受けられるように、各病棟に薬剤師を配置し、医薬品の適正使用の推進と患者様への服薬説明をおこない、安心して治療が受けられる環境を提供しています。
また医療チームの一員として医師、看護師、その他医療スタッフとカンファレンスを行い、薬学的な観点から患者さまが安全に薬物治療を受けられるように支援しています。

調剤業務

内服・外用調剤

主に入院患者さまの処方箋に基づいた調剤を行っています。
自動錠剤分包機を用いて患者さまの薬を一包化(ワンドーズパッケージ)にすることで、患者さまが多種類の薬を服用し易くしています。


注射調剤

内服の調剤と同様に電子カルテにより、患者様データは一元化管理されています。
注射処方箋を基にラベル印字が行われ、患者様個々の注射薬の供給を可能にしています。


無菌製剤業務

薬剤科内には、無菌製剤室を設け、クリーンベンチ1台と安全キャビネット1台を備えています。
クリーンベンチでは、主に患者さまの中心静脈栄養の調製を無菌的な環境でおこなっています。
安全キャビネットでは、入院・外来患者さまに投与される抗がん剤の調整をしています。
調製者は正しい抗がん剤の取り扱いの知識が必要となります。

薬剤管理指導業務・病棟薬剤業務

患者さまが安心して薬が飲めるように、ベットサイドで薬の説明や副作用の確認をおこなっています。
病棟に常駐している薬剤師は、医師や看護師、その他医療スタッフと連携をとりながら処方された薬を確認する事で、患者さま一人一人にあった薬の処方提案をおこなっています。
各科回診やカンファレンスへの参加、持参薬の鑑別・切り替えの提案・継続有無の確認などを行っています。

外来化学療法

外来化学療法室での薬剤説明を行っています。外来患者様が点滴治療を受けられる外来化学療法室では、患者様が安心して化学療法を受けられるように、薬の効果や副作用の説明、質問・不安点を伺い、医師・看護師へフィードバックしています。

在宅訪問薬剤管理指導業務

当薬剤科においては、平成13年度より開始しました。訪問診察を行っている患者様宅へ直接訪問し、薬剤管理指導業務を行っています。

TDM:薬物血中濃度モニタリング

薬物によっては、血液中の濃度をコントロールすることにより、十分な効果が得られ副作用を起こりにくくすることが可能です。このような薬物を対象として、適切な薬物投与設計が行えるようにコンピュータ等を利用し解析及びシュミレーションなどの情報提供を行っています。

DI(医薬品情報)業務

病院内外に薬に関する情報を提供する業務です。各科からの問い合わせに対応するだけでなく、医薬品情報誌を定期的に発行し、薬物の適正使用に役立つ情報を提供しています。

薬品管理業務

バーコードを用いて適切な在庫管理を行っています。病院内の薬品の数量、品質はもちろん、法的な管理や経済的な管理も行っています。

専門・認定薬剤師

  • 感染制御認定薬剤師
  • 糖尿病療養指導士
  • NST専門療法士
  • 骨粗鬆症マネージャー
  • 認定実務実習指導薬剤師
  • 日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師

お問い合わせ先

船橋総合病院 薬剤科


PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る