スマートフォン向けサイトに切り替える

病院紹介

平成28年度 DPCデータによる病院指標

病院指標一覧

全体の集計方法と定義

  • 平成28年4月1日から平成29年3月31日までに退院された患者様が対象です。
  • 医療保険を利用した患者様のみを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等は含めません。
  • 入院後24時間以内に亡くなられた患者様も対象外としています。
  • この指標は、平成28年度「病院情報の公表」の集計条件等に準じて作成し、年間10症例未満の場合は-(ハイフン)を表示しています。
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1. 年齢階級別退院患者数

解説

平成28年度中に当院を退院した患者様の年齢を10歳刻みで集計しました。
年齢は入院した時点の年齢で集計しています。
60歳~80歳でおよそ7割を占めており地域の高齢化を反映した数値となっています。

データをダウンロード(tsvデータ)
※データは平成28年4月1日~平成29年3月31日の統計です

2. 診断群分類別患者数トップ5

【内科】

DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 151 49.05 21.25 5.96 84.56
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 69 24.99 12.43 5.8 78.99
050130xx99000x 心不全 43 32.12 17.95 0 84.02
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 29 20.45 17.71 0 86.28
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 29 8.21 7.24 0 47.86

【循環器科】

DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
050130xx99000x 心不全 42 31.98 17.95 4.76 83.79
040081xx9900x 誤嚥性肺炎 10 58.4 21.25 0 83.6

【外科】

DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 46 10.39 7.89 0 58.93
060150xx03xxxx 虫垂炎 22 5.82 5.6 0 33.05
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 21 8.95 7.61 0 53.71
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症 20 5.95 7.44 0 65.1
060210xx99000x イレウス 17 20 9.08 0 65

【整形外科】

DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
160800xx01xxxx 股間節大腿近位骨折 83 66.18 27.63 1.2 81.64
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷 52 37.98 20.57 1.92 80.48
160760xx97xx1x 前腕の骨折 34 9.53 10.63 0 75.59
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア 27 15.07 17.07 0 47.85
160760xx97xx0x 前腕の骨折 24 4.38 5.49 0 43.88

【脳神経外科】

DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
010060x2990401 脳梗塞 12 12.08 16.54 8.33 63.42

【耳鼻咽喉科】

DPCコード 名称 患者数 自院の平均在院日数 全国の平均在院日数 転院率(%) 平均年齢
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎(手術なし) 50 6.28 5.5 2 38.14
030428xxxxxxxx 突発性難聴 43 11.65 9.37 0 56.21
030400xx99xxxx 前庭機能障害 28 4.54 5.24 0 64.04
030390xx99xxxx 顔面神経障害 27 11.44 9.6 0 50
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎(手術あり) 26 6.96 7.28 0 38.88

解説

診療科別に当院の入院症例数と平均在院日数及び全国平均在院日数の比較が出来ます。
症例数とし、肺炎等の呼吸器疾患による高齢者の入院が多くみられ外科・耳鼻科は平均在院日数が短い傾向にあります。
整形外科では大腿骨近位部骨折の術後はリハビリが介入し早期の機能回復、社会復帰に努め日常生活動作や生活の質の向上を目指しております。
リハビリが頻回に必要な患者様には回復期リハビリテーション病棟にて積極的にリハビリを行っており各診療科とも転移率が低く退院できています。

データをダウンロード(tsvデータ)
※データは平成28年4月1日~平成29年3月31日の統計です

3. 初発5大癌のUICC病期分類・再発患者数

  初発の病期分類 再発
  Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明
胃癌 13 - - - 24 -
大腸癌 10 32 15 17 20 -
乳癌 - - - - - -
肺癌 - - - - - -
肝癌 - - - - - -

解説

〇集計中(平成28年度)に退院した患者様が対象で実患者数を集計しています。
〇初発の病期分類は、UICC(注1)病期分類に基づいたものです。
〇集計期間中に「初発」として集計されたものは、「再発」には集計しません。
〇医療資源を最も投入した傷病名が疑い病名であったものは、集計対象から除外しています。

患者数としては大腸癌が大部分を占めており当院では手術及び抗がん剤治療又苦痛を和らげる緩和ケア等患者様に合わせた治療法を選択できる体制を整えています。

注1)UICCとはラテン語で国際対癌連合を指します。

データをダウンロード(tsvデータ)
※データは平成28年4月1日~平成29年3月31日の統計です

4. 成人市中肺炎の重症度別患者数

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 18 12.22 45.33
中等症 50 19.32 80.18
重症 - - -
超重症 30 21.53 84.27

この集計での成人とは20歳以上の患者様を指します。
市中肺炎とは、普段生活の中で羅患した肺炎を指します。

重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-Drop)により分類しています。

  1. 男性≧70歳 女性≧75歳
  2. BUN≧21または脱水
  3. 酸素飽和度≦90%
  4. 意識障害
  5. sBP≦90mmHG
軽症:5つのうちいずれも満たさない
中等度:1つまたは2つを有する
重症:3つを有する
超重症:4つまたは5つ。またはショック

解説

中等度以上の症例が8割以上占めています。
重症度があがるにつれ平均在院日数及び平均年齢が高くなっているのがわかります。

データをダウンロード(tsvデータ)
※データは平成28年4月1日~平成29年3月31日の統計です

5. 脳梗塞のICD-10別患者数

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率(%)
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群 3日以内 19 10.47 79.16 0
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 63 49.67 72.41 6.67
その他 12 80.33 77.92 1.33
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

解説

当院では8割以上の患者様が発症から3日以内に治療を開始しています。
早期治療を開始し早期リハビリテーションへ移行できるよう目指しています。

データをダウンロード(tsvデータ)
※データは平成28年4月1日~平成29年3月31日の統計です

6. 診療科別主要手術別患者数

【内科】

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 43 0.74 1.21 0 65.63
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 12 35.58 77.42 33.33 78.75

【外科】

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 62 1.13 1.44 0 66.61
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 38 2.32 5.87 0 53.84
K6335 鼠径ヘルニア手術 25 0.92 4.56 0 67
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 20 1.3 3.7 0 61
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 20 1 3.75 0 34.6

【整形外科】

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(大腿) 71 4.15 53.62 1.41 79.11
K0462 骨折観血的手術(前腕) 55 2.65 16.11 0 60.31
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 43 1.02 2.77 0 61.91
K0811 人工骨頭挿入術(股) 36 6.47 54.64 2.78 78.36
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 29 2.45 13.21 0 51.9

【眼科】

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 123 0 1.06 0 75.84

【耳鼻咽喉科】

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率(%) 平均年齢
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 26 0.77 5.19 0 38.88
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 14 1 8.57 0 28.5

解説

内科
当科での手術は消化管手術が主になります。内視鏡検査施行ポリープを認めた場合ポリープ切除術を行う事があります。

外科
内科同様内視鏡検査の結果によりポリープ切除を行います。また開腹のみならず腹腔鏡下の手術にも積極的に取り組んでおり件数として上位を占めております。

整形外科
大腿骨、前腕に対しての手術が多い傾向がわかります。その他整形外科疾患に対しても手術を行っており術後はリハビリテーションを介入し早期社会復帰できるよう努めております。

眼科
当科での手術は白内障を中心に行っております。白内障手術は日帰りでも行っており患者様に合わせた手術が可能です。術後も検査を行い異常がないか確認しております。

耳鼻科
扁桃炎、扁桃周囲膿瘍での手術が多い科になっています。予定通り手術を行い術後日数も短く早期退院できるよう努めています。

データをダウンロード(tsvデータ)
※データは平成28年4月1日~平成29年3月31日の統計です

7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率(%)
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

解説

医療の質の改善に資するために臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべきものとして
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症処置、手術の合併症について入院のきっかけとなった傷病名の同一性の有無を区別して患者数と発生率を示したものです。
規定により患者数が10未満の為全て-(ハイフン)での表示になります。

データをダウンロード(tsvデータ)
※データは平成28年4月1日~平成29年3月31日の統計です

更新履歴

  • 2017年9月29日公開

にんじんマークについて

診療受付時間

午前 8:00~12:30
午後 12:30~17:00
夜間 17:00~18:30

診療時間

午前 9:00~13:00
午後 14:00~17:30
夜間 17:30~19:00
  • 診療科によって時間が異なります。下記の「外来担当医表」をご確認ください。
  • 日曜・祝日は休診となります。
  • 救急患者様は24時間対応いたします。
  • 診療時間案内
  • 外来担当医表
  • 休診・代診案内

救急利用のご案内

こんな時には救急車!
救急車の利用案内と年代別の危険な症状のご案内はこちら。

出典:消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/


PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る