スマートフォン向けサイトに切り替える

診療科・部門紹介

リハビリテーション科

訪問リハビリテーション

退院後、地域の親しんだ環境の中で在宅生活を送ることにより、高齢者の心身の状況はよりよく維持できると言われています。
しかし、実際には在宅でできる動作もご家族など介護される方に頼ってしまいがちであり、実在する力を発揮できないことが多々あります。

訪問リハビリテーションとは

病気やけがや老化等により、外出が困難となったり、在宅生活に何らかの 問題が生じた方や家族等の介護される方に対して、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が自宅に訪問し、日常生活の自立や介護量軽減など、ニーズに対応すべくリハビリテーションを行なっています。

主な内容

  • 生活機能とその障害の評価
  • 機能練習
    例) 寝返る・起き上がる・座る・立ち上がるなどの動作訓練
  • 日常生活活動練習
    例) トイレ・入浴・着替え・食事・洗顔等の整容などの動作練習
  • 住宅改修のアドバイス
  • 福祉用具の適合判断
  • その他専門的アドバイス・提案
  • 精神的サポート

PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る